【 略 歴 】

 西武百貨店の外食部門を担う事業会社=㈱レストラン西武〔現西洋フード・コンパスグループ㈱〕の高級フレンチレストランを出発点に、同社が契約した世界最大のドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」の日本進出に準備段階から携わり、第1号店(銀座店)店長からスーパーバイザー、地区長として頭角を現す。次いで黎明期のコンビニ業界に活躍の場を移し、現㈱ローソンにおいて商品部長、総合企画部長、開発部長、運営部長、広報・販売促進・新CI導入の総括責任者などの要職を歴任後、経営コンサルタントとして独立。1998年、株式会社日本フランチャイズ総合研究所を 設立し、代表取締役社長として現在に至る。

 また、フランチャイズ業界における唯一の公益法人である一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会の会員サービス部長を10年間務め、現在まで続く業界最大のイベント「フランチャイズショー」の第1回を日本経済新聞社との共同開催で実現。その一方で、同協会のフランチャイズ相談センター責任者としてこれまでに4,000件の相談を受け多くのトラブルを解決するなど、業界の健全な発展のために尽力。

 フランチャイズコンサルタントとして30有余年、小売・外食・サービス業の分野を問わず400社以上のチェーン本部のコンサルティングを手掛け、フランチャイズ本部構築だけでも150社以上の実績を持ち、約40社のチェーン本部におけるのれん分け制度導入を成功に導く。フランチャイズ本部の仕掛け・仕組みを作り上げるためのコンサルティング・サービスを指す『本部構築』という用語を初めて使用し世に普及させた当人でもある。

自社と並行して、国内のコンサルティング・ファームの最高峰=三菱総合研究所の客員研究員としても10年間にわたりコンサルティングにあたる。

経済産業省の貿易投資促進事業の認定講師、並びに諸外国との政策対話メンバーとして活躍するとともに、上場企業の取締役、監査役(現任)も務める。

【 著 書 】

  • フランチャイズ・ビジネスの実際/日本経済新聞社発刊
  • 単独店・ローカルチェーンCVSのマーケティング戦略/ビジネス社発刊
  • コンビニエンスマニュアルの作り方、活かし方 No.2/ビジネス社発刊(共著)
  • コンビニエンスストアのマーチャンダイジング全研究/商業界発刊(共著)ほか、記事執筆、インタビュー多数

【 T V 出 演 】

  • ワールド・ビジネス・サテライト(テレビ東京)
  • グッドモーニング!(テレビ朝日) ほか

【経産省の認定講師として、世界各国に向け講演】

 経済産業省の貿易投資促進事業の認定講師、並びに各国政府との政策対話メンバーにも加わり、中央ヨーロッパ諸国、東ヨーロッパ諸国、ブラジルをはじめとする中南米諸国、そしてアジア新興国など30か国以上の国々において、流通政策に携わる中央・地方政府管理職・専門職・流通事業者、業界団体、財界の経営トップに対し、フランチャイズビジネスににとどまらず流通サービス業全般の仕組みや現状・課題について、毎年、講演並びに政策提言を行っております。

【台湾セブンイレブンのコンサルを8年間】

FC本部としてのインフラを整備、台湾セブンイレブン社躍進の基礎を築き、コンサル開始時500店から終了時には3,000店へと躍進。 また、アジア新興国にも強力な人脈ネットワークを持ち、FCビジネスの交流を日々推進しております。

【(株)ローソン経営幹部としてのれん分け制度を導入したほか、立地診断・物件診断の基準確立、多数の商品・サービスの開発実績を持つ】

 
株式会社ローソンの経営幹部として、立地診断・物件診断手法を確立し1,000店舗以上の出店を決裁。商品部長として、おにぎりのパラシュート包装の開発や、ロックアイスの開発、ゴルフ宅急便の開発、そして公共料金の収納代行サービスの取扱いを日本で初めて導入するなど、消費者目線で喜ばれる商品・サービスを多数開発した実績を持っております。また、日本のコンビニ業界で初めて「のれん分けオーナー制度」を導入。この仕組みは、現在のコンビニ発展を支える原動力となっています。

★最近の海外活動実績  詳しいレポートは写真をクリック ⇓

 ①南米ミッション海外進出支援
 
②中欧ミッション海外進出支援
 
③ミャンマーサービス産業経営支援事業

④ミャンマーサービス産業経営研修

⑤メキシコ・キューバ 海外進出支援ミッション

⑥ブラジル・アルゼンチン サービス産業海外進出支援ミッション

⑦代表取締役社長 内川 昭比古のインタビュー記事が掲載!

⑧中東欧(ブダペスト・ブカレスト・キエフ) サービス産業海外進出支援ミッション

⑨ミャンマーサービス産業経営支援事業 海外研修2017

⑩創立20周年記念祝賀会!!

⑪ミャンマー流通政策研修コース 2017年度国内研修

⑫「第34回フランチャイズ・ショー 2018」に参加

 

より詳細なレポートは、セミナーや無料相談を通して聞く事ができます。
お気軽にお問い合わせください。