3.台湾の最大手コンビニチェーン

 1990年代、台湾セブン=イレブンは500店の壁を超えることができず停滞していました。成功していた日本のセブン-イレブンの協力を仰ぐことができれば問題は無かったのですが、台湾の本部はアメリカのサウスランド社と契約していたためそれができず、日本のJETROに相談した結果、弊社社長である内川に白羽の矢が立ちました。

 現地に赴いた内川は、すぐに不振の原因をつきとめ、改善に乗り出しました。問屋のネットワークが存在しなかった台湾において、日本と同様の物流インフラを構築するところから始め、おにぎりの取り扱いを始めるなど商品構成も刷新しました。また、出店立地・部兼評価基準を台湾市場にあわせて再構築し、日本で使用しているITシステムを導入しました。当初、1年間の約束で始めたコンサルティングは、気がつけば8年間にも及び、その間に、店舗数は3,000店にまで拡大しました。同社はその後も成長を続け現在は約5,400店、台湾の面積が日本の九州と同じぐらいであることを考えると、この数は驚異的。もちろん、台湾のコンビニの中で最大の店舗数を誇っています。

 その後も、経済産業省、JETROそしてAOTS(一般財団法人海外産業人材育成協会)からご依頼を頂き、世界25か国を飛び回って、日本の小売、外食、サービス業の海外進出をサポートするとともに、現地のチェーンビジネスの発展に貢献しております。

 最後に、耳寄りな情報をお知らせしましょう。これから海外進出をお考えになるのであれば、ASEAN諸国も良いですが、中欧・東欧、そして中南米諸国がオススメです!